事例紹介

ヘアサロンでヘア商品を買わない割合は?

2019/12/30

久しぶりの投稿となりました。

 

弊所のホームページは毎日のように閲覧があるようで、所長として大変嬉しく思います。

 

ホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

さて、久しぶりの投稿でこのシリーズを楽しみにしてくださっている方には待ち遠しかったと思います。

 

今回のテーマは美容室で店版商品を買う割合と買わない理由をランキング形式にしました。

 

店販を積極的に行うかは、美容室のウリや方針によって美容室ごとに考え方は違うと思います。

 

私の顧問先では、積極的に店販を行っている美容室では総売上の4割(ボディケア商品等も含む)が店販を占めているところもあれば、スタイリング剤を使わなくてもお客様自身で再現性のあるカットを提供していて、シャンプーやトリートメントの知識はあるのにも関わらず、自信を持ってお勧めするシャンプーやトリートメントがないから店販は行っていないところもあります。

 

このように積極的に販売しても良いと思いますし、最小限の販売でも構わないと思います。

 

ただ思うことは地肌や髪の毛に良いシャンプーやトリートメントの販売は、行うべきだと個人的には思っています。

ということで、まず美容室でヘアケア商品を買う人の割合は13.8%というデータがあります。

 

最初にこの割合を見て感じたことは、買う人の割合が少ないなと感じました。しかし、私の実家(父は3代目で兄が4代目となる)は理美容室で幼い時から理美容室を見てきましたが、確かにそのくらいの割合だと思いました。

 

今現在の私は美容室の経営コンサルを行っている立場からすると、この割合を見てもっと店販商品を買ってもらえる仕組み作りをしたほうが良いのではと感じました。

 

人々はヘアケア商品をどこで買っているかというと、ドラックストアが一番多く、次いで量販店やスーパーマーケットとなっています。

 

それではなぜ、美容室で店販商品を買わないのでしょうか。

 

ヘアケア商品を買わない理由をランキング形式にしました。

 

1位 金額が一般的な商品よりも高いから 66.5%

2位 サロンで買うほどこだわりがないから 33.5%

3位 金額に見合う効果があるか分からないから 21.1%

4位 継続的に使用しないと意味がないから 9.9%

5位 どんな商品があるか知らないから 9.6%

6位 一般的な商品にお気に入りがあり、変えたくないから 7.8%

7位 商品を試して買うことができないから 6.4%

8位 商品の説明が少なく特徴が分からないから 5.4%

 

この理由から商品の効果をしっかり説明して価値を感じてもらう機会を作ることで店販商品を売ることができます。

 

弊所では上記の店販売上が総売上の4割を占めている美容室のオーナーと理美師である父と兄の意見も参考にして店販商品の売り方もマニュアルでまとめています。

PowerPointで45ページにまとめています。

表紙だけ公開します。

 


 

このマニュアルは店販商品を売る為に、どんなタイミングでどんなトークをするのかを具体的に書いていたり、商品を売る為にはPOP作成も必要ですので、POP作成の基本から具体的なPOPの見本まで提供しています。

 

またPOPにはお客様の目に留まっていただくように見出しに使っていただく「キーワード集」も別にまとめています。これはホームページ作成や美容師としてのトークでも使える弊所が3ヶ月の月日をかけて作成したものです。

 

今回は特別にPowerPointで65枚の中からほんの一部を公開します。




 

このように弊所の経営コンサルティングを受けていて、アドバイス前の1年間の店販売上が58万円だったのに対して、実行後の1年間の売上が345万円となり、5.94倍の売上アップを果たしました。

そしてその売上は月を追う毎に増加しています。なぜならマニュアルでは購買意欲を高める為のノウハウがあるので、どんどん売上が上がっていく仕組みになっています。

 

このように弊所は店販売上の上げ方の戦術的なことから、どんな美容室にしていくのかの戦略の立て方を経営コンサルティングの中でしっかりとアドバイスを行っております。

 

ご依頼を受けた美容室の1年後の売上の平均は30.4%となっています。売上が下がった美容室は1店舗もありません。

 

お伝えしたことを理解して素直に実行していただければ、誰でも売上が上がるような内容になっています。

 

ということで今回は店販商品をテーマにして投稿させていただきました。

 

今回で2018年5月から続けていた美容室のオーナー様が知っておきたい数字にまつわるシリーズは一旦終了させていただきたいと思います。

 

今後も美容室の経営についての投稿は継続的に行っていく予定です。

 

また弊所は2020年から社労士として新しい商品(知識やノウハウ)を提供していく予定です。

 

美容室はもちろん一般企業でも悩まれていることに対しての解消商品を開発しましたので、来年からはその事業を中心に展開していく予定です。

 

ご興味のある方は是非お問い合わせいただけると幸いです。

 

今回もご覧いただきましてありがとうございました。

092-753-8827営業時間 9:00~18:00
定休日 土曜日・日曜日・祝日